スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
二泊三日の台湾旅行
2009/02/04(Wed)
昨日の夕方、初めての台湾旅行から無事に帰ってきました。30日の日記にも書いたように、飛行機の時間の関係で、30日の午後8時過ぎの飛行機で福岡へ行って一泊。翌31日の午前10時過ぎの飛行機で台湾へ出発しました。胸わくわくで機内食を楽しんでいる間に台北へ到着。時差が1時間とは外国と言っても近いものですね。「いよいよ・・・」と期待が高まります。
空港には日本語ペラペラのガイドさんが迎えに来ていて、北九州市から参加という二人の女性と合流、今回は総勢10人で行動を共にしました。まずマイクロバスに乗り、一番の楽しみだった故宮博物院へと向かいます。台湾では旧正月だそうで、(そうでなくても多いのでしょうが・・・。)国立故宮博物院の中は、人・人・人で、ごった返していました。65万点と言われる収蔵品の中で、見られるのは6000点ほどだそうですが、それでも、2時間の見学時間ではその全部を見て回ることはとてもできません。ガイドさんの説明付きで重要なものだけを見て回りましたが、中国の歴史の凄さにびっくりしました。

次に向かったのは、忠烈祠です。ここは、過去の戦争で戦士した兵士33万人の霊が祀ってあるところです。門の入口には二人の衛兵が警備しており、約1時間で交代とのこと。その間、微動だにしないのには驚きました。まるでお人形さんかと思うほどです。衛兵に触ったらいけないそうですが、写真撮影はOKということで、衛兵の前で記念写真をする人たちが多かったです。それもそのはずイケメンばかり。(笑)交代の儀式が始まったら、みんな衛兵の後ろを遠巻きにして歩き、本殿の前で行われる儀式の一部始終を見る人、撮影する人・・・。私も、初めてでしたので見入ってしまいました。
初日の最後に向かったのは士林夜市です。ガイドさんに「台湾の人は胃腸が丈夫だけど日本人はそうではないので、食べ物は食べないように」との注意を受けました。また、衣類に関しても「品質の保証ができないので買わないほうが良い」ということで、夜市の雰囲気だけを楽しんできました。

台湾の大きさは九州と同じぐらいで、人口は2300万人。バイクの数が1000万台ということで、信号機が赤になったら十数台のバイクが止まり、青になって一斉に走り出す光景は日本ではまず見られませんので、ちょっと目を引きました。
夕食は広東料理を大いに満喫。そして、今回の旅行の宿泊は二泊ともグランドホテル(圓山大飯店)。外観もそうですが、部屋が広く、その立派さに驚きました。たまにはこんな豪華なホテルに泊まるのも良いですね。

IMG_5950a.jpg

IMG_5972a.jpg

IMG_0337a.jpg


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
この記事のURL | diary | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。