スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
真珠の耳飾りの少女
2005/08/19(Fri)
最近、特に観たい映画がありませんので、ビデオ鑑賞を楽しんでいます。今日、観たのはスカーレット・ヨハンソンとコリン・ファースの「真珠の耳飾りの少女」で、17世紀の画家・フェルメールの同名の絵画が題材となっています。当時の画家はパトロンを持っていて、注文されて描いていたようですが・・・。ある日、フェルメール家のお手伝いとしてやってきたグリートを見て創作意欲をかき立てられ夢中で描きます。それが妻の嫉妬を生み、また若いグリートに言い寄ってくるパトロン。当時のモラルも習慣も分りませんので想像の粋を出ませんが、注文されて描くよりも、描きたいものを描いたと言うことは、画家冥利と言えるのかもしれませんね。グリート役のスカーレット・ヨハンソン、言葉は少なかったけれど、表情で感情を表すのがとても上手でした。
この記事のURL | diary | CM(0) | TB(2) | ▲ top
<<やっと日常 | メイン | 飛行機>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
  
トラックバックURL
→http://cherry1.blog16.fc2.com/tb.php/36-94b4dd29


『真珠の耳飾りの少女』 美しい絵画映画
とても美しい映画でした。光、色、影。全てのシーンが、まるで絵画のよう。切り取って、額に入れたいくらい。実写と絵と、それぞれにそれぞれの秀でた部分があるけれど、これは見事に、絵の素晴らしさを、実写で表現している作品。登場人物の衣装も髪型も、その時代の生活感 …
2005/09/02 09:31  *モナミ* ▲ top
「真珠の耳飾りの少女」~セリフつき日曜美術館
2003年英/ルクセンブルク監督/ピーター・ウェーバー主演/スカーレット・ヨハンソン コリン・ファース トム・ウィルキンソン17世紀のオランダ。タイル職人の父が失明したため、少女グリートは画家ヨハネス・フィルメールの家に下働きに出る。美しい彼女は彼の目に留... …
2005/10/05 17:28  お茶の間オレンジシート ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。