スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
武士の一分
2006/12/06(Wed)
今日は映画(武士の一分)を観に行ってきました。レディースデーだけあってほぼ満席の状態で、どうにか前から5番目の席をゲット。本当は一番後ろの席が好きなのですが、上映開始15分前に着いたのでは仕方がないですね。でも、真ん中だったので割と良い席だったかも。(笑)両となりに知らない人さえいなければ・・・。(^_^;)
映画の方は、藤沢周平原作だけあってストーリーは最高。下級武士の平凡な日常が、思いがけぬ不運に見舞われたことで歯車が狂い、そのことで上司に騙され汚された妻を離縁し、武士の一分を通すためには死をもいとわないという新之丞は復讐を誓う。
人生というものは、問題が起きたときにどう切り抜けていくかで、その後の人生が決まりますね。キムタクのファンではないのでコメントは置いといて、相手役の壇れいはとても上手で惹かれるものがありました。
彼女は、元宝塚歌劇団の娘役のトップスターで、何年か前にテレビで、やはり元宝塚月組の男役トップスターだった真琴つばさとの舞台を観たことがありますが、当時の華麗な姿とはまた違った、楚々とした着物姿もよく似合ってとても素敵でした。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<< | メイン | 寒がり>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
  
トラックバックURL
→http://cherry1.blog16.fc2.com/tb.php/316-c275ddec


| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。