スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
父親たちの星条旗
2006/11/10(Fri)
今朝、パッチワークの先生が見えて、ご主人の転勤が決まり、お引越しされると伺ってびっくりしました。今日はパッチワークの日だったのですが、そういうことで急遽中止になり、時間が空きましたので、午後から映画「父親たちの星条旗」を観てきました。ストーリーを少し・・・。

第二次世界大戦における「硫黄島」でのアメリカ兵の戦いとその後を、アメリカの視点で描いた作品です。硫黄島の戦いは、草木も生えないほどの銃弾が降り注いだ激戦地で、多分日本兵は全滅に近い状態、アメリカ兵もかなりの死傷者を出した戦いです。その硫黄島で一番標高の高い摺鉢山にアメリカ海兵隊員が星条旗を掲揚。その姿を写した一枚の写真が新聞に掲載され、その中の兵士3名は一躍英雄となり、本国に戻されてもてはやされることになる。だが、それは実際には2本目の旗だったことで、英雄と呼ばれることに対しての、3人の兵士のそれぞれの受け止め方を表した映画でした。戦争という悲劇ですが、お涙頂戴の映画ではなく、なかなか面白かったです。
12月公開の「硫黄島からの手紙」が楽しみになってきました。
渡辺謙も出演していますのでなお更です。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<パッチワーク | メイン | 福岡ソフトバンクホークス>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
  
トラックバックURL
→http://cherry1.blog16.fc2.com/tb.php/302-70db5143


| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。