FC2ブログ
すべての美しい馬
2019/04/29(Mon)
アメリカの俳優さんで特に好きでもなかったマット・ディモンですが、この作品を見てファンになりました。
それは「すべての美しい馬」です。ストーリーを少しだけ・・・。
祖父と牧場で生活をしていた主人公ジョンは、離婚して遠くに住んでいる母(祖父の娘)が、祖父の死によって相続した牧場を手放すことにしたため、親友のレイシーとメキシコの牧場へ職を探しに行く。途中で美しい馬を持った少年と出会い旅を続けていたが、少年は捕まってしまう。2人はメキシコの大牧場で働き始めて、ジョンは牧場主の一人娘を好きになる。カウボーイとして信頼されてきたある日、突然捕まって刑務所に入れられる。この映画は、刑務所の中で悲惨な目にあいながらも常に心の美しさを失わないジョンの心の成長、それが最後には美しい馬を取り戻すことを象徴として終らせている。悲しいシーンがあるけど好きな映画です。綺麗な映画でした。
今「NCIS: ニューオーリンズ」に出演しているルーカス・ブラックが可愛らしかったです。


この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オール・ユー・ニード・イズ・キル
2019/04/29(Mon)
今日はケーブル放送のムービープラスで「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を放送していました。公開は1014年で私は劇場で見ていますので、感想としては既にこのブログに書いたとおりです。

トム・クルーズ扮するウィリアム・ケイジ少佐が殺されては生き返る、そしてまた殺されては生き返る、また殺されては生き返ると言う、まるでテレビゲームようにリセットしてよみがえる、何ともユニークな作品でしたが、飽きずに観ることができました。
ビートルズの名曲に「オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ」と言うのがありますので、この作品は怖そうなタイトルですが、相反して?頭に中には「ラブ・アクチュアリー」の中でも流れた素敵なメロディーが浮かびます。
トム・クルーズの映画は面白いですね。


この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
グラン・トリノ
2019/04/28(Sun)
ずっと前にクリント・イーストウッドが監督そして主演する「運び屋」のニュースを見たのですが、こちらではまだ公開していないような気がしますが、いつになるのでしょう?
クリント・イーストウッドの作品はどれも味がありますが、特に印象に残った作品は「グラン・トリノ」です。
だいぶ前の作品ですが、少しだけストーリーと感想を書いておきたいです。
舞台は自動車会社フォードの街・デトロイト。妻に先立たれたウォルトは、朝鮮戦争での体験がトラウマとなり、かたくなな心に縛られて、子供たちや孫たちともうまくコミュニケーションが取れない。ある日、隣家のモン族の娘が不良に絡まれていたところを助けたことで知り合い、かかわりたくないと思っていたにもかかわらず、モン族の家族に安らぎを覚えるようになる。ある日、自慢のビンテージカーのグラントリノを盗みにきた少年が隣家の娘の弟タオと知り、何かと面倒を見る。そして、しつこく兄妹に付きまとう不良たちに「兄妹にかかわらないように」と脅しをかけるが、反対に娘が乱暴され、怒りが爆発。復讐をするというタオを地下室に閉じ込める。自分が病に冒され余命がないことを知っているウォルトは、命をかけてモン族の兄妹を守るべく、床屋で散髪をして身を整えて、不良の家へと向かう。
クリント・イーストウッド監督・主演の映画ですが、なかなか良かったです。最後はいわゆる武士道、サムライの生き方を感じました。最初はモン族の人たちのことを差別していたけれど、アメリカの象徴ともいえるグラントリノを、子供たちではなくて、タオに残したことがとても印象的でした。

この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
昭和を描いた「ALWAYS 三丁目の夕日」
2019/04/27(Sat)
いよいよ平成の終わりが近づいてきました。平成が終わってしまうと、ますます昭和が遠くなっていきます。
昭和に生まれたからでしょうか、「昭和」の響きが何となく好きです。
薄れてゆく昭和を描いた映画で「ALWAYS 三丁目の夕日」はテレビで放送されるたびに観たくなる作品です。
一作目は東京タワー竣工の年、昭和33年の東京下町を舞台に。田舎から上京してきた女の子が、高度経済成長の波に乗り、順調に成長してきた鈴木オートに就職し、人情味あふれる鈴木家の人々と周りの人たちとの笑いとペーソスあふれる日常が当時の文化を織り交ぜながら描かれていました。貧しさの中にあって、みんなが未来を信じて一生懸命に生きる姿にしんみりとなり、心がほのぼのとしてきました。 そんな昭和が終わり、そして平成が終わろうとしています。もう決して若くはありませんが、令和でも頑張って生きていきたい。そんなことを感じています。


この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
DVD鑑賞・いつか晴れた日に
2019/04/26(Fri)
若い頃からの趣味のひとつに映画鑑賞があります。子育て中はあまり観に行っていませんが、当時はレンタルビデオ全盛時代で、ビデオ屋さんによく通ったものです。そしてDVDに変わり、今はブルーデイが多くなったのでしょうか?映画やDVDを鑑賞して特に気に入った作品を購入することもたびたびで、今日はその中から「いつか晴れた日に」を鑑賞しました。
ストーリーは・・・。
舞台は19世紀のイギリス。ダッシュウッド家の当主ヘンリーが亡くなり、その当時のイギリスの法律により屋敷を先妻の長男に明渡すことになり、親戚のコテージに映った妻と3人の娘たち。その前に屋敷の様子を見にきた長男夫婦。その妻の義弟エドワードを好きになった長女のエレノアは想いを口に出すことができない。エドワードもエレノアに惹かれながら同じく想いを秘めたまま会うこともできない。2人が再会したシーンでは感極まって泣いてしまうエレノアがとても印象的でした。自然が豊かなイギリス南部の、どこまでも丘が広がってる景色が素晴らしい。民間による自然保護活動がされているあの景色を実際に見てみたい気持ちになりました。心に残る良い映画でした。


この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
映画鑑賞・幸せのレシピ
2019/04/26(Fri)
先日、ケーブル放送で「幸せのレシピ」を放送していました。主演はキャサリン・ゼター・ジョーンズです。
少しだけ感想を・・・。
マンハッタンのレストランでシェフとして働くケイトは事故で姉を失い、姉の9歳の娘を引き取って育てる。だが、子供を育てたことのないケイトには、母親を失って心に深い傷を負った姪ゾーイの気持ちがつかめない。自らも姉を失ったことで動揺、仕事も手につかず1週間の休みを取ることに。その休んでいる間に、自分にとって生きがいと思っていたお店に新にシェフが入り、厨房の雰囲気が変わっているのを目の当たりにして、何かと苛立ちを覚え突っかかってしまう。人間にとって食は何よりも大切なもの。ある日、厨房に姪を連れて行ったところ、新しいシェフ、ニックの作ったスパゲティを姪が食べたことでケイトとニックの仲が好転、深まっていく。姪の心も少しずつ癒されて明るくなってきた。ストーリーはもちろん素敵ですが、ヒロインのキャサリン・ゼタ・ジョーンズの美しさと何気ないファッションは女性の心を惹きつけます。


この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
海外ドラマ
2019/04/25(Thu)
宮崎は民放が二つしかないので、地上波で放送されている番組はあまり見るものがありません。中には興味を引く番組もありますが、夜はついついPCの前に座っていることが多く、それでもケーブルで放送している海外ドラマは日本のサスペンスと違って面白いのでよく見ています。その中でも一番好きだったのは、何年か前に放送されたデンマークのテレビドラマ「コペンハーゲン/首相の決断』です。イギリスやアメリカの映画やドラマはよく見ているので、俳優さんも顔なじみになっていますが「コペンハーゲン」を見て初めてデンマークの俳優さんを知りました、あまりなじみのない独特の名前に興味がわき、役柄とは思いますが、それぞれの個性が魅力的に映りました。続いて「THE KILLING」も今までに見たことのない斬新なストーリーで、続きが待ち遠しいほど引き込まれていきました。後でネットで知ったのですが、主人公が番組の中で着ていたセーターが有名になったそうで、デンマーク以外の国でも人気があったみたいです。デンマークの番組を立て続けに3本ほど見ましたが、コペンハーゲンに出演していた俳優さんがTHE KILLINGに出ていたり、はたまた女優さんがイギリスのミス・マープルに出ていたりして海外のドラマでも活躍しているのですね。ちょっとネットで検索してみたら、兄弟で有名な俳優さんだったり夫婦だったりと新たな発見もありました。
今はアメリカやイギリス、カナダのサスペンスを見ていますが、日本では想像もできないイギリスの荒野や大雪のカナダに、その土地土地の気象条件がストーリーに重みを加えていて、う~んやっぱり海外ドラマは面白い。

この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
昨日は雨今日は曇り
2019/04/25(Thu)
昨日は夫の実家でのお茶摘みの予定でしたが、あいにくの雨で土曜日に変更になりました。
予定がない限り、ほぼ毎日通っているカーブスでは帰り際に毎回、「次はいつ来られますか」と聞かれます。昨日のように前もってお茶摘みの予定が入っているときは木曜日に来ますと言いますが、昨日は雨!何となくスタッフさんに嘘をついたような気がしないでもないですが、雨が降ると予定が変わることもあるので仕方がないですね。一日でも休まない方が良いので午後からカーブスに行ってきました。マシーンの配置はそのままでしたが、スタッフさんに聞いてみたところ、「前より動く範囲が広くなったので運動になります」と言う答え。物事をポジィテブに考えることは良いことですね。カーブスでは長期で県外の子供のところへ行ったりした場合、「トラベルパス」を作ってもらえば、日本全国どこのカーブスも利用ができるので、その点は便利ですね。
私も年に一度、東京に住んでいる娘のところへ遊びに行きますが、「トラベルパス」を作ってもらうことにしています。
自宅にいても、「カーブス、カーブス」娘の家に言っても、「カーブス、カーブス」で、もはや日常になっているのでしょうね。


この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カーブスのマシーンの配置
2019/04/23(Tue)
アメリカ発で世界的に展開している筋トレ教室のカーブスは午前10時から午後1時までと、午後3時から午後7時までの営業時間となっています。私はほとんど午後から行くことにしていますが、今日は午前中に済ませてきました。そこでちょっとびっくりしたことを一言!
宮崎市内にカーブスが何店舗かありますが、私が行っているカーブスは入口から入って左奥に12台のボードと12台のマシーンが交互に円形に配置されています。ところが今日は何と、部屋の中央にある柱を楕円形に囲んでマシーンが鎮座していました。割と広い部屋なのにこんな配置ではマシーンの輪が広がっていて狭苦しく感じました。スタッフさんは輪の中に入りランダムに指導をされますが、その動きも真ん中の柱が邪魔をして回り道になりますし、30秒ごとに次のマシーンに移動する私たちとぶつかりそうで何とも勝手悪さを感じました。カーブスはマシーンを2周すれば終わりですが。その間に500ミリほどの水分補給をするように指導されています。そのペットボトルを置く場所も柱が邪魔で余計な動きに繋がります。顔なじみの人にどうしてこんなことになったのかと聞いたら、カーブス本部からの指示があったとか。カーブスはいつも入口のドアを開けていますので、ショッピングなどでカーブスの前を通る人たちに、マシーンで足を上げたり手を上げたりして頑張っている姿を見てもらうことが狙いでしょうか?ちらっと見られるぐらい別に何でもありませんが、そんな理由があったとしても機械の配置は何とかしてほしいです。カーブスで運動をしてストレスを感じるのでは本末転倒ですもの。
人が心地良さを感じる比率に「黄金比」と言うものがあります。写真ではよく聞きますが、この黄金比は部屋にも当てはまるのではないかなと思いました。




この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Lightroom
2019/04/23(Tue)
もうかなり前になりますが、趣味で楽しんでいる写真をレタッチするためにフォトショップ・エレメンツ11を購入。しかしソフトを使いこなすのは難しくて、何度か使いましたが、結局そのままになっています。今はちょっとした加工なら「JTrim」が結構気に入っていますが、本格的に加工をするには物足りない気が、でも、こちらも本当は使いこなせていないのかも知れません・・・。
そこで最近よく耳にする「Lightroom」の購入をと調べたところ、私のPCはまだウィンドウズ7なので、最新版のLightroomは使えないそうでがっかり。来年には7のサポートが終るので、今年中にウィンドウズ10に買い替えてLightroomを少し勉強したいなと思っているところです。今は買取りではなくてレンタルになっているとか、消費者のニーズに合わせてと言うか、業者にとってもそれの方が良いのでしょうかね。
地元の写真展などを見にいくと明らかに加工していると思われる写真が多数入選しています。これからの写真は加工して当たり前。加工しなければ良い作品は作れない。Lightroomを使いこなせるようになったら、いまいちの写真しか撮れない私の強い味方になってくれそうです。今頃ですが、そう思うようになりました。
Lightroomの勉強をしなくちゃ~。
でも、硬くなった頭で理解できるでしょうか。



この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1週間の予定
2019/04/22(Mon)
リビングに100均の小さなカレンダーをかけていますが、それにお互いの予定を書くようにしています。今週のカレンダーを見てみると月曜日から金曜日まで夫のスケジュールで埋まっています。毎日サンデーの割には何と忙しいのでしょう。
私は水曜日には夫の実家でお茶摘みのお手伝いをして、金曜日はご近所の方々と籐のカゴ作りの予定を入れています。夫の両親が健在の頃はお茶摘みに行ったことはなくいつももらうばかりでした。
ある日実家に行くと、義姉がせっせせっせとお茶摘みをしていました。お茶を摘んで新茶が出来るまでの一連の作業は1人ではとても大変です。それからと言うもの何となく手伝うようになって5年ぐらい経つでしょうか。亡き義両親が摘んで炒ってもんでと手間ひまかけたお茶を小さい頃から飲んで育った夫からみると極上のお茶らしい。私はと言うと、日焼けしないように気をつかいながら労力を費やすことになりますが、あまり農薬を使ってないお茶の木ですので、健康のために良くてお茶を購入することを思えば少しは家計が助かるかなと言う感じです。それでも紫外線の強いこの季節、一番気になるのは日焼けをしないように、そして虫に刺されないようにすること。虫よけスプレー持参で行きましょう。

この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
穏やかな一日
2019/04/21(Sun)
穏やかな一日が始まりました。家事も終わり庭のお花の水やりも済ませて、ひとりコーヒーブレイク中です。
夫は実家の草取りの手伝いに行きましたので汗を流していることでしょう。今実家には夫の姉夫婦が住んでいますのでお昼を用意することはないのですが、今日は義姉が用事で留守と言うことなので、おにぎりを2個作り、昨夜のおかずの残りを持たせました。私なら実家近くのコンビニ弁当で良いのですが、好みなのか節約なのか夫は手作りお弁当派です。面倒ですが、これから夕方帰ってくるまでの間、ひとりの時間を満喫できると思えばお弁当作りぐらい楽なものですね。さあ、お昼は何か好きなものでも食べましょう。


この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久峰公園の藤の花
2019/04/20(Sat)
心躍った満開の桜の花はすっかり葉桜になりました。次なるお花は菖蒲でしょうか。お花はどのお花もその年の気候によって開花する時期が変わってきますね。タイミング良く綺麗なお花を見られたときはハッピーですが、そうではないときも多々あり、そんなときは本当にがっかりします。
昨年ツアー旅行でネモフィラで有名な茨城県のひたち海浜公園に行きましたけど、お花はすっかり終わっていて、あの見事な一面のネモフィラを見ることはできませんでした。またいつか訪れてみたい場所NO1はひたち海浜公園としておきましょう。
さて、今日は久峰公園に藤の花を見に行ってきました。この藤も綺麗な年もありますが、いつの間にか終わっていることもあり、期待と不安の中、一路久峰公園へと車を走らせました。とはいっても、今回は助手席ですので楽でした。
駐車場から歩くこと5分、綺麗な藤の花が目に入りほっと安堵の溜息。お友達と二人して、ああでもないこうでもないと角度を変えての写真撮影にしばし没頭しました。その後展望台への階段を半分だけ上り、約700メートルの散歩コースを周ってみました。
iPhoneで確認してみると、今日歩いた距離は2.6K。少ないけれど良しとします。
この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ボヘミアン・ラプソディ
2019/04/20(Sat)
今更ですが、昨年11月の公開以来、世界中で大ヒット、そしてとりわけ日本ではクイーンのメンバーがコメントを出すほどの大ヒットとなったようです。そして来年にはクイーンの日本公演が決定、ファンにとっては待ち遠しいでしょうね。
そんな大ヒットの映画なら観ておかないと思って、私も今年2月にセントラルシネマで鑑賞しました。その前に大ヒットのニュースに心動かされて、ユーチューブで幾度となくクイーンの曲を聴いてみました。そうしたらあの曲も、この曲もと聴いたことのある懐かしい曲が・・・。
いざ映画はと言うと、アカデミー主演男優賞を受賞したラミ・マレックがクイーンのボーカルのフレディのライブでの動きを忠実に再現、客席で観ている人たちををストーリーに引き込んでいったように思います。セレブである大物歌手の悩み、つまづきに驚き、そんな人間らしさを垣間見ていたら、特にファンではない私でも亡くなってしまっていることがとても残念です。この作品は2度3度と観ている人が多いのが大ヒットの要因の一つだと思いますが、言葉では推し量れない「魔力」が全編を通して流れていたのかも知れません。そんなことを感じさせる映画でした。

この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お友達とフローランテ宮崎でお花見
2019/04/19(Fri)
100点満点の良いお天気に恵まれた昨日、独身時代のお友達3人で女子会と称して、フローランテ宮崎に行ってきました。
「山形屋」でお弁当を買おうと言うことで話がまとまり、豊富なお弁当の中からそれぞれ好みのお弁当をゲットしました。
いざフローランテに着いたときはちょうどお昼頃でしたので、綺麗に咲いているお花を横目に半日蔭になっているベンチに一目散。みんなでパクパクです。
食後はそれぞれ持ち寄ったお菓子を、「お菓子は別腹ね~」とまたパクパクパク。お友達2人はとても痩せているのでいくら食べても大丈夫ですが、私は少し控えめにした方が体には良さそうです。でもこんなに綺麗な青空の下「そんな理屈は通らない」で食べ過ぎてしまいました。
とても小柄なお友達A、、5年ほど前に胃の手術をしているお友達B、、そして冬の寒さ対策のために「着ぶくれ」という言い訳も通じなくなった4月、いまだにコロコロの私Cのこの3人、20歳のときからなのでもう長い付き合いです。次は連休中の一日、都城市にいるもう一人のお友達の「書」の展示を見に行く予定です。


この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カーブス
2019/04/15(Mon)
テレビでよくCMを流している女性だけの筋トレ教室カーブスに行くようになって早や5年の月日が流れました。
こんなに長く続くとは思っていなかったのですが、自分の好きな時間に行って正味30分で終わってしまう簡単さが私向きだったのでしょう。
近くにジムが出来たせいか、入会した当時と比べると会員さんが少なくなりました。それでも毎月、新たな入会者がいて慣れない手つきで機械を握っているのを目にすると入会当時を思い出して刺激をもらえます。5年の間には顔なじみの人も出来ましたので、
「こんにちは」とあいさつするだけでも、決して若くない我が身には一服の清涼剤となっているような気がします。たまには話し込んで色んな情報をもらったりするのも楽しみのひとつです。
人との出会いは脳を活性化させると言いますので、カーブスで体を使い、元気をもらい、帰る頃には一歳ぐらい若返っていると良いのですが・・・。
この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
もうすぐゴールデンウィークそして令和元年
2019/04/14(Sun)
平成31年最後のゴールデンウィーク、続く令和元年のゴールデンウィーク。長い、10連休。
そんな連休を喜ぶ人、喜べない人、どうでも良い人など、テレビでパーセンテージを出していたけれど、人はそれぞれ環境が違うのだから意見が違って当たり前。私はと言うと、夫婦二人だけの毎日サンデーの生活が長く、GWに一喜一憂する年齢も過ぎてしまいました。東京に住んでいる子供たちも帰ってこないので、いつもと変わらない日常が淡々と過ぎていくでしょう。
撮影に行っても良いけれど、映画を観に行っても良いけれど、何も予定を入れないそんな日は最近はまっている布を使ったハンドメイドで時間を過ごすのも良いかも知れない。
昨日街に出かけたついでに手芸店で生地を少々購入したので、庭のお花を眺めながらミシンをコトコトコト、三作目のトートバッグを作ってみようかしら。
この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イペーの花
2019/04/13(Sat)
今日は用事があり、久しぶりに市役所の近くまで行ってきました。交通量の多い市役所前ですが目をやるとすぐに目に留まったのが黄色のお花を満開につけた高くそびえるイペーの木。葉はまだ出ていないので鮮やかな黄色の花が青空に映えてとても美しい。何十年か前にラジオでイペーの木を譲ると言う方がいらっしゃると言うのを聞いたことがありました。あれから市内のあちらこちら、住宅街のあちらこちらで目にするようになったような気がします。お友達の家のイペーも色鮮やかに色づき、ご近所のお宅でもまだ小さいけれど存在感を放つイペーの花。今はもう南国宮崎を象徴するお花だと、県民も県外の人もそう思っているのでしょうかね。
この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久しぶりの更新
2019/04/12(Fri)
2002年にHPを開設以来、あれほど夢中になっていたインターネットの世界でしたが、
日記を書かなくなって5年、このブログもほったらかしにしていました。
また、思い立ってと言うよりも頭の体操のために、いざ書こうかなと思ったら、
自分のブログのIDもパスワードも忘れていることに唖然となりました。
2~3日Fc2のサポートの方とのやりとりで何とかログインすることができました。
また少しずつ日々の徒然を書いていきたいです。
この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |