スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ALWAYS 三丁目の夕日'64
2012/01/27(Fri)
月曜日に、楽しみにしていた映画(ALWAYS 三丁目の夕日'64)を観てきました。公開に先立ってテレビ放送された第一作と第二作をしっかり鑑賞して、おまけにインターネットで一平と淳之介の最近の姿えをしっかりチェック!もう観る前からワクワクというものです。ストーリーはというと、東京オリンピックに沸く東京、夕日町三丁目を舞台におなじみの面々が織り成す日常が情感たっぷり描かれてありました。お年頃になった六ちゃんの恋、そして淳之介の悩みなどのエピソードを軸に、人間関係が希薄になったといわれる現代と違い、昭和39年当時、まだ人と人の絆が深くつながっているのを見て、心がほんわか和みました。しかししかし泣かせる作品でもありました。茶川さんの気持ち、淳之介の気持ちが切なくて心揺さぶられました。お化粧が崩れたら困ると思い、ぐっとくるのを何度こらえたでしょう。生まれたからかも知れませんが、昭和って良いですね。ちなみに自転車屋さん役の温水 洋一さんは宮崎県の都城市出身。そしてコカコーラの自販機が出ていましたけど、あれはえびの市のコカコーラから借り出されたということです。
この映画は何度見ても良いですね。これからもテレビで放送されたら見るでしょう。キャストのみんなが素晴らしかったです。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ


スポンサーサイト
この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
師走祭り
2012/01/22(Sun)
20日の金曜日に、美郷町南郷区神門(みかど)で開催された師走祭りの撮影に行ってきました。宮崎市から一般道で行くと2時間半ほどかかりますが、高鍋町まで高速道路を通ると時間が少し短縮されます。
美郷町南郷区の神門には、百済王の一族がこの地に定着したとする伝説が語り継がれていて、神門神社に父親の禎嘉王(ていかおう)、木城町の比木神社に息子の福智王(ふくちおう)が祀られています。一年に一度、それぞれ神門神社と比木神社を出発した御神幸行列は東郷町の伊佐賀神社で親子の対面をします。その次に塚の原古墳で神楽を奉納。総距離90キロの残り3キロは徒歩で神門神社へと向かいます。車のなかった昔は10日間ほどかかったそうですが、今は3日間で終わりますし、初日に神門神社に鎮座することができます。初めて見たお祭りでしたので勝手が分からず、いろんな場所にカメラマンがいましたが、どこで撮影するのが一番良いのか、いまいちよく分かりませんでしたが、家に帰って印刷してみたらまあまあの写真も撮れていてホッ!少し要領が分かりましたので来年行くとしたら、ワンランク上の写真を目指したい。

IMG_3224.jpg
竹で骨組みを作り、その上を杉の枝で囲んだ櫓が20基ほどあり、
順番に火をつけていき、勢いよく燃え上がる様子は迫力がありました。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ


この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一木一草のバイキング
2012/01/20(Fri)
昨日は久しぶりに独身時代のお友達と3人でランチをしてきました。お店選びにいつも迷いますが、今回は、好き嫌いが多く暖かいものが好きなお友達の希望で観光ホテルの中にある「一木一草」にしました。市内にバイキングのお店はたくさんありますが、料理の多さではやはり一木一草が一番。今月は北海道フェアーということで熱々の「十勝鍋」があり、暖かいものが好きなお友達は喜んでいました。私はあまり好き嫌いがありませんので、ひととおり食べようかなと思いますが、やはり大好きなものを先に取ってしまいます。そして肝心の「十勝鍋」は口にしないままで残念!(笑)久しぶりに会うと話が盛り上がり、お店に入ったのが11時半で出るときは2時をまわっていてびっくりです。お店の方も「長いな~」と思っていたかも。店内はかなり広いスペースで席がまだ残っていますのでそういうことが出来るのでしょうね。ランチの後はダイエーに移動して「ドトール」で二次会と相成りました。
そうそう、昨日は偶然レディスデーで25%引きでラッキーでした。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ


この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
霧のある風景
2012/01/18(Wed)
宮崎は二日間雨が降ったり止んだりのお天気でしたが、今日は「晴れの予報」 もしかしたら霧が出ているかも知れないと思い、昨年から通い続けている佐土原町のある場所へ行くことにして、朝まだ暗い6時に家を出ました。家を出る頃には、我が家の周りは霧は出ていませんでしたが、大淀川にかかる天満橋のところにきたら、水面が見えないほどの川霧に期待が高まりました。宮崎神宮を過ぎ北へ走り続けていると更に霧が濃くなり前がよく見えません。たびたびブレーキに足がいきスピードが出せない。あいにく私が一番前で何台かの後続車を連ねる羽目になりましが、事情はみんな分かっているでしょう。朝早いのに車が多く、こんなに早く仕事に行く人もいるのだなと思いつつ、安全運転で走り続けていたら、いつの間にか後続車がいなくなりました。どうやらバイパスへと上ったようです。
約40分ほどで目的地へ着いたときはまだ少し暗かったので、車の中で日の出を待ちました。7時を過ぎたころから撮影を始めましたが、なかなか絵になる構図が決められません。それでも霧のある風景は大好きで何枚も撮影し、太陽が昇り光芒が出るのを待ちました。でも残念!今日も光芒は撮れなかったです。


にほんブログ村 主婦日記ブログへ


この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久しぶりの雨
2012/01/15(Sun)
昨年から雨らしい雨が降っていませんでしたが、今日は久しぶりに雨になり、庭の木々も潤いを得て一気に息を吹き返したようです。植物が持つ本来の美しさに、、私は早速デジカメを手に庭に出て撮影。傘を差しながらでは構図も選べないのでただ写すだけですが、水滴をまとったお花はそれだけでも美しい。
咲き始めた椿とゼラニューム、パンジーにプリムラジュリアンとありきたりのお花ですが、雨の日の退屈さを補うには良いですね。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ


この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウォーキング
2012/01/13(Fri)
昨年の7月から始めたウォーキングを、息子が帰省していた12日間はお休みしていましたけど、体力維持のために始めたウォーキングですので、月曜日からまた再開。家から公園まで約5分、そして公園の周りを歩くこと約1時間。その間にはワンちゃんのお散歩をしている人や走っている人、同じくウォーキングをしている人など、いつも同じ人を見かけますが、最近は寒くなったせいか、以前ほど人に会うことがありません。私は超寒がりなので厚着して行きますので、寒さを感じることはありませんし、1時間も歩くと少し汗ばむほどです。1時間歩くということは200カロリーぐらいは消費しているはずですが、痩せることはありません。痩せるために始めたわけではありませんが、少しは期待しますよね。でもがっかり。(笑)
お友達が「1時間も歩いて痩せないの?」なんて・・・。でもお友達もときどき歩いているようですが、やはり「体重の変化なし」と聞くと、そういうものなのでしょう。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ



この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
免許更新
2012/01/12(Thu)
昨年の12月、免許更新に行ってきました。もう何度目の更新でしょ。(^_^;)私は免許取得以来、無事故無違反ですが、今回もゴールドで更新できて本当に良かったなと思います。ゴールドの人は30分ほどの講習ですむということでしたが、係りの方が交通事故について熱心に話されていて、時間を10分もオーバー。でも、たまには交通事故についての話を聞いて、自分の運転を改めて振り返り、初心者マークを付けて走った一年間を思い起こし、これからも安全運転でいきたいです。とは言っても、つい速度が出すぎていることもあります。「気をつけなくちゃ~~」そうそう、今は「安全協会費」を払う人が少ないそうですが、私は寄付と思って払ってきました。ついでに「無事故無違反」のカードも申請。無事故無違反のカードなんて使うこともありませんが、もちろん見ることもありません。でも、そのときだけ何となく優良運転者になった気分に、そして次の更新まで忘れています。

14日と20日に撮影会が入っていますが、20日は目的地まで車で2時間かかります。そして帰りは夜になりますので、「安全運転」をモットーに2012年を走り始めます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ


この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
平成24年
2012/01/10(Tue)
平成24年、新しい年が明けましたね。
今年のお正月も娘夫婦は帰省しませんでしたが、今年は旦那様の実家へも行かないで二人でのんびり過ごしたようです。ディズニーランドに行ったりお買物をしたり、仲良し夫婦なので楽しかったことでしょう。独身の息子は律儀に帰ってきてくれます。帰ってきても遊びに出かけることが多く家にいないこともありますが、久しぶりに帰ってくるのだからと思い、私は息子の好きなものをせっせせっせ作りました。(笑)テーブルに座ったらレストランの如く料理を並べますが、何にも残さないで食べてくれますので作り甲斐があるというものです。
29日から8日まで割と長く休めましたので、少しは仕事を忘れてのんびり自由にくつろげたのではと思います。
東京に帰ったら「またひとりでご飯を考えないといけない」「お母さんたちももう東京に来たら」と息子がひとこと。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ



この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。