スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日向岬
2008/11/26(Wed)
先週の金曜日、主人の方の親戚のお葬式で県北の街・延岡市まで行ってきました。国道10号線を走るのは本当に久しぶりです。我が家を出たのが朝の8時!ちょうどラッシュ時ではありましたが、2時間15分ぐらいで着くだろうから、時間になるまで「どこかでコーヒーでも」と、いつもながら甘い考えの私です。(笑)ところが、市内を出るまでは渋滞にかかり、途中では道路工事で片側一車線になっていたりして、何と2時間45分もかかってしまいました。延岡に行くのはやはり時間がかかります。早く東九州自動車道が完成してくれればと思いますが、宮崎ー延岡間が開通するのは2014年度の予定とか。先の長い話です。

お葬式も無事に終わり、延岡市内でお昼を済ませて岐路につきました。30分も走ると日向市に着きます。ここ日向市の日向岬には、馬ヶ背と呼ばれる柱状節理の絶壁があります。私はまだ一度も行ったことがなかったので、一度見てみようと10号線を左折~。駐車場から歩くこと約10分ぐらいでしょうか。道が開けたところに、日本一を誇る柱状節理の絶壁・馬ヶ背が見えてきました。そして更に5分ほど歩くと綺麗な岬に出て、その岬からの眺望が素晴らしく、初めて見る美しい光景にただただうっとり。近かったら何度でも行きたいところですが、途中休憩するような広い場所もない国道10号線、今や写真に夢中の私でも、片道2時間の運転ではそうそう行けませんね。

IMG_9338.jpg

IMG_9284.jpg
馬ヶ背

IMG_9330.jpg

IMG_9374.jpg
クルスの海

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | diary | ▲ top
いたずらの書き込みをする人たち
2008/11/25(Tue)
もうずっと前から、ブログにいたずらの書き込みがとても多いです。
書き込みしたらIPアドレスが残りますので、
書込み禁止の措置を取って削除していますが、
IPアドレスは変わりますので、またすぐに書き込みます。
ほとんど同じ人です。
最近は承認後表示にしていましたので、
お友達の皆さんの目に触れることはなかったとは思いますが、
いたずら書きをする悪い人と、いたちごっこするのも疲れてしまいました。
ということで、しばらくの間、すべての書き込みが出来ないようにしています。

こんなこともあって、ブログの更新をする気力が無くなっていましたが、
書き込み禁止にしたことで気が楽になりました。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
この記事のURL | diary | ▲ top
コメント投稿禁止
2008/11/25(Tue)
いたずらのコメントが多いので、しばらくコメント投稿禁止としますので、
よろしくお願いします。
この記事のURL | diary | TB(0) | ▲ top
ストレッチ
2008/11/11(Tue)
暑い夏が終わってからというもの、毎朝、庭でごそごそと動き回っています。その割には、まだ冬のお花を植えていませんので、早く取り掛からなくては・・・。そして、暇なときに気が向いたら、デジカメ片手にドライブ&写真撮影。母の病院の送り迎えetc。そんな日常ですので、今これと言った運動をしていません。
ただ、思い出したときに、一日二回のストレッチと、朝6時半から、教育テレビで放送されるラジオ体操を欠かさずにしています。その成果かどうか分かりませんが、先日、猪八重渓谷のアップダウンがある道を往復5.2km歩きましたけど、運動不足の割には翌日も翌々日も筋肉痛になりませんでした。一緒に行ったお友達は、三日後も足が少し痛いと言っていましたので、ストレッチも多少の効果はあるのでしょうね。
いつかまた、ウォーキングも再開しようかなと思っています。そのためのウォーキングシューズはもうゼビオで購入済み。(笑)

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
猪八重渓谷
2008/11/08(Sat)
先日、お友達と北郷町の猪八重渓谷に行ってきました。目的は一番奥にある五重の滝の撮影です。
この日はお友達の運転でしたので、色づき始めた木々をのんびりと眺めながら、約1時間のドライブを楽しみました。この猪八重渓谷は割と歩きやすい遊歩道が2、6km続き、初心者でも楽に山歩きが出来るところから、休日ともなると、季節を問わず訪れる家族連れなどで賑わっているようです。私たちが行った日は平日でしたので、渓谷入り口の駐車場には2~3台の車が止まっているだけでした。それでも奥深い山へと分け入るわけですから、心の中でちょっとホッ!(笑)お友達が持参していたとらやの羊羹とお茶でお腹を満たし、リュックを背負いいざ出発です。
運動不足の私には、途中階段がきついところがありましたが、それでも、100mほど先を歩いている男性二人と、着かず離れずで約1時間で到着。目の前に現れた五重の滝に感動です。水流は多くありませんでしたが、白く流れ落ちる水と水しぶき、そして水の音は、癒し効果満点で、満足のゆくものでした。

昔昔、子供たちがまだ小さかった頃、この渓谷に遊びに行ったことがあります。
当時はまだ、遊歩道など無くて、道なき道を歩みながら滝を目指したことを、
懐かしく思い出しました。
今回撮影した滝と当時の写真を載せておきましょう。

IMG_3551zz.jpg

IMG_3552z.jpg

↓の写真が、うん十年前の子供たちです。
24.jpg

にほんブログ村 写真ブログへ


この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
レッドクリフ
2008/11/08(Sat)
3連休の最終日の月曜日に、映画・レッドクリフを観てきました。この映画はタイトルのとおり、三国志の中の数あるエピソードの中から、曹操と劉備・孫権連合軍の戦い(赤壁の戦い)が描かれています。曹操率いるのは80万の大軍、一方連合軍はたったの5万。「赤壁の大敗北」という言葉がありますので、すでにどちらが勝利するかは分かっています。
曹操軍の兵士たちは慣れない船での出陣で弱りきっていますので、敵を前にして、まずは一日の休息を取るように命令する曹操。対する劉備の軍師・諸葛孔明は並外れた能力を持ち、これまた攻撃のチャンス(気象を読んでいる)がくるのを待っている。

今回の作品は、厳しい戦国の世にあって、ひとつの愛が描かれていました。孫権の司令官・周瑜の妻に対する優しさに、時代を超えてロマンを感じます。
壮大なる物語・三国志を万人受けされるように演出がなされてあり、時折目を覆いたくなるシーンも無きにしも非ずですが、周瑜役のトニーレオン、諸葛孔明役の金城武などの魅力も相まって、一言でいうと面白かったです。
来年4月公開予定の「レッドクリフPart2」を楽しみにしていましょう。\(*・_・*)/

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
この記事のURL | diary | CM(2) | TB(0) | ▲ top
マクロビオティック料理
2008/11/07(Fri)
9時過ぎに母が出かけましたので「今日は何をしようかな?」「映画にでも行こうかな」とあれこれ思いあぐねていた矢先、お友達からランチの誘いの電話が入りました。楽しいランチが好きな私ですので、映画は後回し。すぐにOKしたのは言うまでもありません。(笑)
そこで今日は、前から気になっていたマクロビオティック料理のお店にと、地図を片手に車を走らせること約20分。畑の中を横切って、着いたところは小高い山の上です。11時半の開店時間まで少し時間がありましたので庭を一周。広い庭には色んなお花が植えられていて、ここでカメラの出番です。
お店の横には温室があって、バナナなどの果物類が生っているのを見逃しません。(笑)「デザートで出るのかしらん」と、またまた甘い考えを・・・。(笑)お友達とふたり、自然がいっぱいのレストランの庭の中を歩き回りました。山の上ですので眺望がきいて、遠くの方には青い海、そして周りの山の緑、畑の黄色と、目に優しく映る素晴らしい眺めです。夕方には閉店するようですが、夜は星がとても綺麗でしょう。

そうそう、肝心のマクロビオティック料理の方は、さすが薄味で素材の持つ風味を残した味付けでした。以前テレビで、アメリカの歌手・マドンナの子供の離乳食をつくるシェフが、日本人でマクロビオティック料理の先生と言うのを聞いて、初めてマクロビオティック料理のことを知りました。一度食べてみたかったので満足しました。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
この記事のURL | diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。